仲見世通りの石畳

そのほとんどが昔からの石畳

境内地入口から三門下までの400mに碁盤の目のように敷き詰められている石畳は古来より7777枚と言われています。 これは、1714年(正徳4年)に江戸中橋の大竹屋平兵衛より寄進されたものです。平兵衛は寄進後出家し「道専」と名乗り、そのお墓は善光寺山内の向仏坊の墓地に現存しています。 この石畳、敷き詰められた当時はデコボコの表面でしたが、長い年月の間、善光寺詣でをする人たちが通ることで平らな表面になってきました。

周辺のスポットはこちら

このスポットが含まれる周遊きっぷ

長野善光寺表参道一日きっぷ

長野善光寺表参道一日きっぷ

善光寺、長野駅周辺をおトクに観光できるアプリ型周遊きっぷ。人気のそば処 かどの大丸なども当きっぷで楽しめます。